銅・銅合金

銅は人類が扱った道具の歴史の中で石器の次に現れた素材です。
銅は柔らかく、展延性に富み、加工やリサイクルもしやすいことにより古代から
道具、副葬品、武器、装飾品、構造補助材料として利用されました。
現在ではその導電性、熱伝導性等の特性を利用し電気・電子部品等に使用されております。

■銅の特性
  • 電気伝導率が高い。(銀に次ぐ)
  • 熱伝導率が高い。
  • 耐食性がすぐれている。
    特に大気中では極めてすぐれた耐食性を発揮する。
    これは表面に緑青という錆の被膜をつくり、母体金属の酸化を保護
    する。
  • 伸延性、圧延性にすぐれているため線・条および板加工が容易。
  • 融合性に富み、金、銀、亜鉛、錫、ニッケルなどと容易に融合し、
    いろいろな合金をつくる。(銅合金)
  • 極微量作用。僅かの量で驚くほどの殺菌作用がある。
■主な用途

重電・弱電のさまざまな電気部品、ガス器具、自動車部品

商品一覧表ダウンロード

こちらから銅の商品一覧表をダウンロードいただけます。
不具合等ございましたら、お手数ですがお問い合わせ下さい。

お問合せ・資料請求 | アクセス | プライバシーポリシー | サイトマップ