先輩社員インタビュー
INTERVIEW

「非鉄金属の営業ってどんな仕事なんだろう?」「事務の先輩はどんな人なんだろう?」「業務職ってやっぱり体力がないといけないのかな?」
あなたが知りたい、市原金属産業の仕事を先輩社員に語ってもらいました!
西島 佑樹
総合職
西島 佑樹
営業の武器は
地区トップクラスの実績と信頼性
後輩から目標とされる社員を目指しています。
営業2部
西島 佑樹
YUUKI NISHIJIMA
西島佑樹です。
営業としてお客様の要望に応えるため、奮闘しながら過ごしてます。入社1年目の業務研修では、商品知識、社内ルールやお客様からどのような注文があり、何が売れ筋商品であるかじっくりと勉強することができました。そして3年目から営業へ。最初は、上司や先輩営業と同行させてもらいながら、いろいろ勉強させていただきましたが、今では、担当取引先へ一人で営業廻りをしています。
営業をしていて、市原金属産業は業界の中では、知名度の高い会社であること、またそこに甘んじることなくお客様のために一生懸命になれることで、お客様からの信頼がより厚くなること、そういう信頼関係を長年築いてきたことで業界トップクラスの実績が成り立っていることを実感しました。

営業には世間に感心を持つことが大切。

<p>岐阜・三重を中心とした営業活動を行っております。<br />お客様とのやりとりの中で、何気ない会話に潜んでいる仕事のヒントを摘んだり、またお客様のニーズをしっかりとキャッチして提案に繋げたりしております。通り一辺倒のセールスよりも、話をするのが楽しい、おもしろいと客先担当者と距離を近づけることで、より大きな仕事に繋げることが営業であると学びました。常日頃、新聞やニュースをチェックしてアンテナを広げて、話題の引き出しを増やそうと努力しております。</p><p>また、尊敬できる先輩社員は、できることははっきりと、できないことや無理なこともきちんとお客様に話すことでミスをなくし、より深い信頼関係を築いています。相手にとって話辛いことこそ正直に伝えること、これがなかなか難しいのですが、しっかりと対応している先輩はとてもかっこいいですね。</p>

岐阜・三重を中心とした営業活動を行っております。
お客様とのやりとりの中で、何気ない会話に潜んでいる仕事のヒントを摘んだり、またお客様のニーズをしっかりとキャッチして提案に繋げたりしております。通り一辺倒のセールスよりも、話をするのが楽しい、おもしろいと客先担当者と距離を近づけることで、より大きな仕事に繋げることが営業であると学びました。常日頃、新聞やニュースをチェックしてアンテナを広げて、話題の引き出しを増やそうと努力しております。

また、尊敬できる先輩社員は、できることははっきりと、できないことや無理なこともきちんとお客様に話すことでミスをなくし、より深い信頼関係を築いています。相手にとって話辛いことこそ正直に伝えること、これがなかなか難しいのですが、しっかりと対応している先輩はとてもかっこいいですね。

メリハリのある労働環境

メリハリのある労働環境

実は体育の教員免許を持っているんです。進路では悩みましたが、社会で活躍するビジネスパーソンとしてチャレンジしてみようと就職を決意しました。スポーツのインストラクターや施設運営、老人介護施設、インフラ関係など多種多様な企業へエントリー。気になった企業はサイトでチェックしていました。

市原金属産業の第一印象はとても良く、社員の雰囲気や建物など、きれいでしっかりとした会社だと思いました。面接では野球を10年、バイトも4年間続けて体力と根性があることをアピール。緊張する前に面接官と会話が弾んで楽しかったですね。ですので、内定を頂いたときには相性の良さ、運命みたいなモノを勝手に感じていました。オンとオフ。ここがしっかりと区別されている環境がとても居心地が良いですね。土日休み、残業もほとんどなし、しかし仕事はきっちり丁寧に遂行する。休日には社員の方と野球したり、食事したりと気兼ねなく一緒に楽しむことができます。ホント仲が良い会社ですね。

将来は営業本部長になりたいです。後輩を育て、営業目標は達成する、細かいことにも気付き、視野が広い。そんなビジネスパーソンにここで成長していきたいんです。それには、まず営業として結果を出し、先輩社員に早く追いつくことが必要。営業として社内にも社外にも信頼されるように日々努力していきます。

とてもフレンドリーな先輩や親身に指導していただける上司に囲まれる会社へ入社できて良かったと思います。ぜひ一緒に市原金属産業を盛り上げるような方と働きたいと思います。エントリーお待ちしています!

大橋 このみ
事務職
大橋 このみ
広い視野のもと仕事を進める
コミュニケーション能力が培われ
マナーも身につく職
管理部管理課
大橋 このみ
KONOMI OHASHI
管理部管理課の大橋このみと申します。
今の私の仕事は、伝票の管理やシステムへの入力作業とお客様の案内業務を行なっています。学生時代はどちらかというと人見知りをする性格でした。しかし就職活動を通じて緊張する事に慣れたのでしょうか?入社当時は、受付業務をしていましたが初めてお会いする方にも気持ちよく接することが出来る様になって、楽しくなってきたことを思い出します。入社後の新入社員研修では、社長ご自身から社会人の基礎やビジネスマナー、受付での心構えをご指導いただきました。研修中の練習ではうまくいくことも、いざ業務に就くとお客様にスムーズに対応することがいかに難しいかを実感しました。今はいろいろ経験してきたことを後輩へ伝え、来社されるお客様が当社にまた足を運びたいと思っていただけるよう笑顔や気持ちのよい挨拶、気配りを忘れないようにしています。

尊敬する先輩から学べる環境

<p>取引先との受発注を基に作成された社内の伝票管理やシステムへの入力作業は部署の中で分担していますが、基本的にはその日の伝票はその日のうちに全て処理をしなければならないので、皆で協力し合っています。複雑な伝票処理や数多くの入力作業、そして入力後のチェック作業があるため、チームでの作業が不可欠で、自分の担当職務に対する責任の重さを実感しています。</p><p>入社当時はどの職務を任されてもできるようになることを目標にしてきましたが、今ではすべての職務内容を把握しているので、周囲の状況をみて、効率的に行動することを心掛けています。管理部管理課での業務は私を含めて8名で対応しています。課長をはじめとする上司、先輩は仕事が速く正確です。どんな状況でも落ち着いて対応されており、とても尊敬しています。</p><p>先輩からは丁寧で分かりやすい指導を受けました。マニュアルや目の前の仕事を単体で覚えるのではなく、その処理の前後や背景を踏まえて、今ここで作業する理由を考えながら仕事をするようにと教えていただいたので、同様に後輩にも伝えています。イレギュラーな処理や知識不足で困ったり、判断に迷うこともありますが相談しやすい先輩社員が周りにみえるので安心して仕事に取り組める環境です。</p>

取引先との受発注を基に作成された社内の伝票管理やシステムへの入力作業は部署の中で分担していますが、基本的にはその日の伝票はその日のうちに全て処理をしなければならないので、皆で協力し合っています。複雑な伝票処理や数多くの入力作業、そして入力後のチェック作業があるため、チームでの作業が不可欠で、自分の担当職務に対する責任の重さを実感しています。

入社当時はどの職務を任されてもできるようになることを目標にしてきましたが、今ではすべての職務内容を把握しているので、周囲の状況をみて、効率的に行動することを心掛けています。管理部管理課での業務は私を含めて8名で対応しています。課長をはじめとする上司、先輩は仕事が速く正確です。どんな状況でも落ち着いて対応されており、とても尊敬しています。

先輩からは丁寧で分かりやすい指導を受けました。マニュアルや目の前の仕事を単体で覚えるのではなく、その処理の前後や背景を踏まえて、今ここで作業する理由を考えながら仕事をするようにと教えていただいたので、同様に後輩にも伝えています。イレギュラーな処理や知識不足で困ったり、判断に迷うこともありますが相談しやすい先輩社員が周りにみえるので安心して仕事に取り組める環境です。

人材育成に力を入れている会社だと実感

人材育成に力を入れている会社だと実感

就職活動では事務職と同時に、ブライダル業界やエステ業界など接客や販売職での仕事も視野に入れて企業訪問をしていました。

市原金属産業を就職サイトでエントリーして、会社見学会へ参加しました。まずそこで、会社見学会に携わる社員の多さにびっくり。第一印象として、「学生に対してとても親切で丁寧な対応をしてくれる会社」だと思いました。

その後複数回の面接を受けましたが社員同士の雰囲気が良く、会社の特徴やこれからの課題なども正直にお話いただけたのが印象的でした。ほかにも複数内定をいただいたのですが、大学のOGである市原金属産業の先輩社員にお話を聞いた際に自分のこの会社に対するイメージや印象と先輩社員が話をしてくれた実像にずれがなく、ここなら安心して働くことができると入社を決意しました。

配属後も、部長から声を掛けてもらい、業務の進行具合や悩みなどを聞いてもらえる時間もあり、とても仕事がしやすい環境にあると思います。
今後の目標は担当している仕事はもちろん、会社全体を視野にいれた幅広い知識を身につけることです。そして、社内のどの部署からも信頼される社員へ成長したいと考えています。

柴田 広樹
業務職
柴田 広樹
精一杯努力する
という気持ちが大事
業務部 業務2課
柴田 広樹
HIROKI SHIBATA

業務部 業務2課の柴田広樹です。

入社1年目は、約1週間の集合研修終了した後、仮配属として先輩社員に基礎から教わり、教えてもらったことを身につけ仕事を任せてもらえる人材になることを目標とし、2年目以降に関しては、ひと通り作業ができるようになった中で自身の作業の質を高め、後輩に仕事を教えられる人材になることを目指してきました。

現在では、クレーンやフォークリフトを操作して、お客様のニーズに合わせ商品を出庫したり、入荷した商品をトラックから荷降ろしして、在庫の整理や入庫作業などをしております。私の1日の大まかなスケジュールは、午前中は入荷商品の受入作業、午後からは明日配達予定の商品の出庫を中心に作業を進めております。しかしその最中、急ぎの配達の商品の出荷依頼が出てくるので、優先順位を考えて職務にあたっております。とにかく会社に雇ってもらい働かせてもらうからには会社に貢献できるよう精一杯努力するという気持ちが仕事をする中で一番大切なことです。

やりがいと成長した自分

<p>業務職ではお客様と接することはほとんどありませんが、お客様からの要望に対応した際に営業の方からお礼を言われた時に仕事のやりがいを感じます。どんなに大変な仕事でも感謝の言葉を頂いて相手のためになったということが実感できると、その仕事をやって良かったと思います。</p><p>過去にこんな失敗談があります。<br />商品を出庫する際に数量を間違えて出庫してしまい、その間違いが納品先で判明しました。このミスをしてしまったことで、営業の方が取引先に謝罪したり、管理課の方には伝票の訂正処理をしてもらわなければならないなど、周りの部署の方には迷惑をかけました。このミスで学んだことは、自身の一つのミスで会社にとってどれだけ迷惑を掛けたかという事とチームワーク、流れ作業で仕事を進めていることが良くわかりました。仕事をしていて一番成長したなと思うところは、指示されることだけでなく自身で考えて仕事を進めていこうという自立心を養なえたことです。</p>

業務職ではお客様と接することはほとんどありませんが、お客様からの要望に対応した際に営業の方からお礼を言われた時に仕事のやりがいを感じます。どんなに大変な仕事でも感謝の言葉を頂いて相手のためになったということが実感できると、その仕事をやって良かったと思います。

過去にこんな失敗談があります。
商品を出庫する際に数量を間違えて出庫してしまい、その間違いが納品先で判明しました。このミスをしてしまったことで、営業の方が取引先に謝罪したり、管理課の方には伝票の訂正処理をしてもらわなければならないなど、周りの部署の方には迷惑をかけました。このミスで学んだことは、自身の一つのミスで会社にとってどれだけ迷惑を掛けたかという事とチームワーク、流れ作業で仕事を進めていることが良くわかりました。仕事をしていて一番成長したなと思うところは、指示されることだけでなく自身で考えて仕事を進めていこうという自立心を養なえたことです。

良い雰囲気

良い雰囲気

職場の雰囲気は、皆さん明るく元気で社交的な方ばかりでとてもアットホームな感じです。先輩は、仕事を熱心に教えてくれる方ばかりで、コミュニケーションをとりやすい環境を作ってくれますし、上司との関係も、自分から意見をしたり、あるいはお互いに風通しの良い関係が築き上げられています。特にお昼休憩は、先輩後輩関係なく皆で会話ができ、また年に何度か飲み会がありますが、上司と気軽に話せるなどフレンドリーな雰囲気です。

市原金属への応募の決め手は、土日祝日休みで通勤にそんなに遠くないことです。そして採用内定をいただいた時は、単純に嬉しくてほっとしたことと同時にこの会社に貢献できるよう精一杯努力しようと思いました。今後就職活動をされる方、その最中の方、会社に貢献している社会人の方々は仕事をする中で常に向上心を持ち改善しながら職務に取り組んでいるかと思います。そういった向上心を持っている人材こそどの企業でも求めているかと思います。

市原金属産業入社するにあたっては、必要な資格は一つもありません。もし時間と余裕があるならば、様々な資格を取得し豊富な知識を身につけることも良いのですが、アルバイト・クラブ活動・旅行・習いごとなど、いろんな体験をして経験値を増やして下さい。きっと社会人になった時、役に立つでしょう。