銅・銅合金
COPPER

銅は人類が扱った道具の歴史の中で石器の次に現れた素材です。
銅は柔らかく、展延性に富み、加工やリサイクルもしやすいため、古代から道具、副葬品、武器、装飾品、構造補助材料として利用されました。
現在ではその導電性、熱伝導性等の特性を利用し電気・電子部品等に使用されております。
また、銅の特質である融合性により、亜鉛、錫、りん、ニッケルなどと容易に融合し、さまざまな特質を持った合金を作り出す。

銅の特性

  • 電気伝導率が高い。(銀に次ぐ)
  • 熱伝導率が高い。
  • 耐食性にすぐれている。特に大気中で効果を発揮する。これは表面に緑青という錆の被膜をつくり、母体金属の酸化を保護するため。
  • 伸延性、圧延性にすぐれているため線・条および板加工が容易。
  • 融合性に富み、金、銀、亜鉛、錫、ニッケルなどと容易に融合し、いろいろな合金をつくる。(銅合金)
  • 極微量作用。僅かの量で驚くほどの殺菌作用がある。

銅合金の特性

  • 銅合金は、銅の硬度、切削加工性、強度、耐食性等の改善を目的に開発された金属。
  • 種類は、大きく黄銅・青銅・洋白に大別できる。

銅合金

黄銅
銅と亜鉛の合金で展延性・鍛造性・加工性、耐食性・メッキ性に優れた金属です。真鍮(しんちゅう)とも呼ばれます。黄金色に輝く美しい見た目から、ネックレスなどのアクセサリーに使用されるケースも多くあります。
青銅
銅を主成分とした銅とすずの合金です。外観色は、青銅と言う事で青い色をしているように思われますが、それはさびの色であって、もともと の色は黄色に近い色です。すず青銅、りん青銅、アルミニウム青銅、鉛青銅、シルジン青銅 など多くの種類がある。
洋白
銅に亜鉛・ニッケルに少量のマンガンを加えた銀白色の合金です。耐食性にすぐれ、美しく、耐疲労性も兼ね揃えています。真鍮よりわずかに硬く、ステンレスよりはかなり軟らかい合金で、酸化はしないので、ロッドアンテナやバイクのスポーク等に無塗装のまま利用されます。

銅・銅合金棒

銅・銅合金棒
主要材質C1020B、C1100B、C5191B、C5341B、C5441B、砲金、クロム銅、洋白
主なサイズφ4~φ100

銅帯

銅帯
主要材質C1100BB
主なサイズ2 x10 ~30x100(定尺)L=5000

銅・銅合金板

銅・銅合金板
主要材質C1020P、C1220P、C1100P、C5191P、C5210P、クロム銅、洋白
主なサイズt0.1~t40
(定尺)180x1200 ※リン青銅板のみ
(定尺)365x1200
(定尺)1000x2000
(定尺)1250x2500

銅・銅合金条

銅・銅合金条
主要材質C1020R 、C1220R、C1100R、C5191R、C5210R
主なサイズt0.1~

銅管

銅管
主要材質C1220T、C1020T
主なサイズφ2~φ150 L=4000、5000
10M、20M巻き管

銅・銅合金線

銅・銅合金線
主要材質C1020W、C1100W、C5191W
主なサイズφ0.15~
お気軽にお問い合わせください
TEL : 052-614-7303